トップページ

横川研究室のHPへようこそ。

現代のエネルギー網や情報網には、長期的に安定した運用を実現することが求められます。そのためには、蓄電池・太陽光パネル・パワー半導体などのデバイスと、それらを統合した電力網などのインフラ全体の品質を向上させ、そこに持続力と回復力を吹き込むことが必要です。

当研究室では、製品やシステムの事故の事例分析、デバイスの寿命試験と寿命予測、市場信頼性・品質のデータ分析などを通じて、製品やインフラの信頼性や品質を向上させるための研究に取り組んでいます。

 

iPERCシンポジウムのお知らせ

電気通信大学i-パワードエネルギー・システム研究センターでは、センター開設3周年および電気通信大学の創立100周年記念事業の一環として、エネルギーと情報通信をテーマに下記シンポジウムを開催することとなりました。

基調講演に、東京工業大学先進エネルギー国際研究センター、センター長の柏木孝夫先生をお招きし、招待講演には、㈱NTTスマートエナジー社長の小鶴慎吾氏、㈱明電舎 水・環境システム事業部戦略企画部専任部長の中島満浩氏をお迎えして、多方面から最新のエネルギー事情についてご講演いただきます。

2018年は電気通信大学の創立100周年となります。iPERCが今後大学とともにますます発展していく年となりますよう、皆様と力を合わせて参りたいと存じます。この機会に是非足をお運びいただけましたら幸いです。

(このHPをご覧になって参加をご希望される方は,横川までご連絡ください.)

i-パワードエネルギー・システム研究センター
センター長 新 誠一
                      横川 慎二
                      曽我部 東馬
                      澤田 賢治
市川 晴久

【電気通信大学iPERCシンポジウムご案内】

テーマ:エネルギーと情報通信

日時:2018年3月8日(木)
    13:00~17:00  シンポジウム
    18:00~20:00  懇親会

場所:電気通信大学100周年記念キャンパス内100周年記念ホール(シンポジウム)
   電気通信大学学生会館3階レストランハルモニア(懇親会)
   《100周年記念キャンパスアクセス》
   http://www.uec.ac.jp/facilities/exchange/alliance/access.html

参加費:シンポジウム 無料
    懇親会   5,000円

基調講演:
 柏木 孝夫特命教授
(東京工業大学 先進エネルギー国際研究センター センター長)
「超スマート社会 Society5.0とスマートエネルギーシステムの展望」

招待講演:
小鶴 慎吾氏(㈱NTTスマイルエナジー社長)
「NTTスマイルエナジーの『情報×エネルギー』ビジネスについて
 ~エネルギーIoTサービスを活用したパリ協定への貢献~」
中島 満浩氏(㈱明電舎 水・環境システム事業部戦略企画部 専任部長)
「下水管路IoTと今後の展望」

テーマ別講演:
曽我部東馬(iPERC准教授)
「物理モデルに“思考力”を賦与する:最強人工知能アルゴリズムを駆動したエネルギーシステムの最適化」
横川慎二(iPERC准教授)
「エネルギーシステムにおける信頼性,安全性,レジリエンス」
澤田賢治(iPERC准教授)
「制御系のサイバーセキュリティのための協調型ホワイトリスト」
市川晴久(iPERC特任教授)
「電力エネルギー制御プラットフォーム“バーチャルグリッド”」